行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)の受験者数は平成12年度の規制緩和以降、大幅に増えている傾向があるのです。でも、合格率(高いからといっても自分が合格できるとは限りません)が規制緩和によっても大幅に変わったかと言うと、その影響はそんなにないのですよ。受験者数が増えた分だけ、合格者も増えているため、規制緩和前と後での合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)に大きな差は見られないでしょう。行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)の合格率(受験者に対する合格者の割合ですよね。受験する時の目安にされます)は、高いときで19%台、低い年で2パーセント台、平成23年度は8.05%です。人気が高い行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)だけあって、難易度は高いですね。行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は、受験資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)に制限が無い為、どんな方でも自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)に受験する事が出来ます。当然、高卒(全日制の課程の他に、定時制や通信制などで修了することができるでしょう)でも受験する事が出来ます。しかし、試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)問題が高卒で解けるかっていえね、難易度の高さからも分かるように、そうとは言えないと思います。出題される問題のすべてが高レベルと言う訳ではなく、中には中学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)レベルのものもあるはずです。行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)の試験は、出題範囲が中学レベルから大学の一般教養レベルまでと幅広く、高卒(派生語として、高卒資格や高卒学歴といった言葉も使われています)で受験する際には、かなり必死で勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)しなければならないのは言うまでもないでしょう。大卒でも勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)は不可欠です。行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)が特に設けられてありませんので、どんな方でも自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)に受けることが出来るでしょう。極端な話、高校在学中でもうけることが出来ますし、高校を卒業してすぐに受けることも可能になります。ただし、たとえ試験に合格したとしても、二十歳になるまでは欠格事由になる為、行政書士の資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を使う事は出来ないのです。残念なのですが、20歳になるまで待って下さいー